Menu

蛍池の美容室新着情報一覧

  • 2023.01.22袴着付けのご予約について。

    サロンドベルで、袴着付けをさせていただく皆様へ。 必要な持参物、当日の服装、お着物を着た後の注意点などが載ってあります。 目を通して、確認していただけると幸いです。 ※日程などお決まりでしたら、お電話お願いいたします。   ◎着付けの持参物◎   ・長襦袢(※半襟は縫っておいてください。)  ・袴  ・半幅帯 ・着物(振袖、2尺袖、無地、小紋など… ※サイズの確認をお願いします。)  ・帯板(後) ・タオル3枚  ・ハンドタオル1枚  ・腰紐5本  ・伊達締め2枚(正絹または本筑博多) ・衿芯  ・伊達衿(重ね衿)  ・草履またはブーツ   ※最低限いるものですので、チェックしてみて下さい。 すべて揃ってあるか確認しますので、心配な方は、一度お店に持ってきて下さい。 足りないものは、追ってご用意お願いします。 こちらで購入できるものもありますので、スタッフまでお尋ねください。 補正時の綿花・さらし・タオル等は、こちらで用意させていただきます。 お家で処分いただいて結構ですが、今後使わないようであれば、 後日、持ってきていただけるとうれしいです。     ◎当日の服装◎   ✽ブラジャーなし…ワイヤー入りは苦しくなる可能性があります。装飾もなしでシンプルなものに。 長時間締め付けてしまうので、取っていただいた方が、楽かと思います。   ✽ヒートテック…肌襦袢のかわりになりますので、肌襦袢でも大丈夫です。 長襦袢の衿の後ろから出ないか確認してください。 袖が長いと、お着物から見える場合がありますので、五分~七分袖をおすすめします。   ✽レギンス…草履の方のみです。(タイツ&ブーツのスタイルであれば、必要ありません。) お着物がめくれても見えないように、膝下くらいまでの長さがいいかと思います。   ※履物がブーツであればタイツを履いてきてください。   ※草履であれば足袋をお家で履いてきてください。(こはぜも留めてきてください。) ● こはぜの留めかた ①こはぜは、下から順番に留めていきます。 ②こはぜの掛け糸の上から下へくぐらせるように、奥までしっかり入れます。 ③掛け糸は2本ありますが、基本的には外側を使い、留めにくい場合は内側を使います。   ※ヒートテックの上は、脱ぐときに、ヘアセットが崩れないように、前あきでお願いします。 ※レギンスの上は、足袋が脱げる場合がありますので、ゆったりしたものでお願いします。     ~袴姿を素敵なまま維持するための注意点~   ● 椅子に座るとき ①袴の後ろを少し持ち上げる。(袴の両脇から手を後ろに入れる。) ②静かに浅く腰掛ける。 ③背筋を伸ばして座る。 ※重みで袴が引っ張られたり、後ろのふくらみがつぶれたりして着崩れの原因になります。   ● 階段の上り下り ①上りは前の裾を持ち上げる。(袴の両脇から手を入れて前を浮かせる。) ②下りは後ろの裾を持ち上げる。(袴の両脇から手を差し込んで、ふんわり持ち上げる。) ※裾を踏まないよう気をつけて下さい。   ● 車の乗り降り ①袴の両脇から手を差し込んで、後ろを少し持ち上げる。 ②お尻から体を入れる。 ③袴の両脇から手を差し込んで、前を少し持ち上げる。 ④座席側に90度回転させる。 ※車内では、後ろのふくらみをつぶさないよう浅く腰掛け、裾を引っ張らないように、 そして、ドアに袴を挟まないようにお気をつけ下さい。     気になること、確認したいことございましたら、お店の公式LINEを登録していただき ご連絡ください^^ こちらのQRコードを読み取っていただき、トーク場面からお名前を送信していただくと、 お店側に通知が届きます。その後やりとりさせていただきます。 わからないことや聞きたいことがありましたら、いつでもご連絡お待ちしております。 ステキな1日になりますよう、精一杯頑張ります!! Salon de Belle サロン ド ベル       TEL 06-6854-1677


  • 2023.01.22訪問着・留袖着付けのご予約について。

    サロンドベルで、訪問着・留袖着付けをさせていただく皆様へ。 必要な持参物、当日の服装、お着物を着た後の注意点などが載ってあります。 目を通して、確認していただけると幸いです。 ※日程などお決まりでしたら、お電話お願いいたします。   ◎着付けの持参物◎   ・肌襦袢  ・長襦袢(※半襟は縫っておいてください。) ・着物(※サイズの確認をお願いします。)  ・帯  ・帯板(前、後)  ・帯枕 ・帯揚げ  ・帯締め  ・腰紐5本  ・伊達締め2枚(正絹または本筑博多) ・衿芯  ・伊達衿(重ね衿)  ・三重仮紐  ・草履   ※最低限いるものですので、チェックしてみて下さい。 すべて揃ってあるか確認しますので、心配な方は、一度お店に持ってきて下さい。 足りないものは、追ってご用意お願いします。 こちらで購入できるものもありますので、スタッフまでお尋ねください。 補正時の綿花・さらし・タオル等は、こちらで用意させていただきます。 お家で処分いただいて結構ですが、今後使わないようであれば、 後日、持ってきていただけるとうれしいです。     ◎当日の服装◎   ✽ブラジャーなし…ワイヤー入りは苦しくなる可能性があります。装飾もなしでシンプルなものに。 長時間締め付けてしまうので、取っていただいた方が、楽かと思います。   ✽キャミソール…タオルや綿花で補正させていただきますので、 あまり厚着をしなくても大丈夫だと思います。 ヒートテックを着られるのであれば、衿の後ろから出ないか確認してください。 袖が長いと、お着物から見える場合がありますので、五分~七分袖をおすすめします。   ✽下着…トイレに行く場合も考え、股下浅めのボクサー型がオススメです。 装飾もないほうが、お着物がきれいに見えやすいです。   ✽レギンス…トイレに行く場合も考え、股下浅めで、お着物がめくれても見えないように、 膝下くらいまでの長さがいいかと思います。   ※足袋はお家で履いてきてください。(こはぜも留めてきてください。) ● こはぜの留めかた ①こはぜは、下から順番に留めていきます。 ②こはぜの掛け糸の上から下へくぐらせるように、奥までしっかり入れます。 ③掛け糸は2本ありますが、基本的には外側を使い、留めにくい場合は内側を使います。   ※キャミソールの上は、脱ぐときに、ヘアセットが崩れないように、前あきでお願いします。 ※レギンスの上は、足袋が脱げる場合がありますので、ゆったりしたものでお願いします。   ※ご来店の際は、肌襦袢を着ていただくことをおすすめします。 お着物類を事前にお預かりするとき、ご確認させていただきます。     ~お着物姿を素敵なまま維持するための注意点~   ● 動作が大きすぎると… 衿が開いてきたり、すそが広がってきたりして、着崩れる場合があります。 歩くときは、歩幅を小さく、腕も肩より上にあげず、上半身をひねらないよう気をつけましょう。   ● トイレの仕方について ~洗濯ばさみを使うやり方(4個)~ ①洗濯ばさみをとりだしやすい様、胸元などにとめておく。 ②袖を折り、重なった部分を洗濯ばさみでとめる。(左右同じ) ③めくる順番…着物の上側のすそ→下側のすそ→長襦袢の上側のすそ→下側のすそ ④体の前で、めくったすそをすべて一緒に洗濯ばさみ2個でとめる。 ⑤終わったら、めくり上げたのと逆の順番で元に戻す。 ※トイレを出る前に、すそ、帯、おはしょりなどが、きちんと元通りになっているか、 確認して下さい。   ● 座り方 ①右手で上前を5センチほど引き上げる。 ・後ろのすそが地面につかないように、上前を少し引き上げてから座ってください。 ②椅子の左から座るようにする。 ・座った後は、少し膝の裏に生地を入れ込んで下さい。 ※大事なポイントは、『浅めに座ること』です。 背中の帯結びがつぶれてしまわないように、椅子にもたれず、浅く座ってください。 深く座ってしまうと、着物が腰のあたりから下がってきて、着崩れを起こす可能性があります。 ※座った後は、背筋を伸ばし、手は膝の上に重ね、足は閉じて揃えてください。     気になること、確認したいことございましたら、お店の公式LINEを登録していただき ご連絡ください^^ こちらのQRコードを読み取っていただき、トーク場面からお名前を送信していただくと、 お店側に通知が届きます。その後やりとりさせていただきます。 わからないことや聞きたいことがありましたら、いつでもご連絡お待ちしております。 ステキな1日になりますよう、精一杯頑張ります!! Salon de Belle サロン ド ベル       TEL 06-6854-1677


  • 2023.01.22振袖着付けのご予約について。

    サロンドベルで、振り袖着付けをさせていただく皆様へ。 必要な持参物、当日の服装、お着物を着た後の注意点などが載ってあります。 目を通して、確認していただけると幸いです。 ※日程などお決まりでしたら、お電話お願いいたします。   ◎着付けの持参物◎   ・肌襦袢  ・長襦袢(※半襟は縫っておいてください。) ・着物(※サイズの確認をお願いします。)  ・帯  ・帯板(前、後)  ・帯枕 ・帯揚げ  ・帯締め  ・腰紐5本  ・伊達締め2枚(正絹または本筑博多) ・衿芯  ・伊達衿(重ね衿)  ・三重仮紐  ・草履   ※最低限いるものですので、チェックしてみて下さい。 すべて揃ってあるか確認しますので、心配な方は、一度お店に持ってきて下さい。 足りないものは、追ってご用意お願いします。 こちらで購入できるものもありますので、スタッフまでお尋ねください。 補正時の綿花・さらし・タオル等は、こちらで用意させていただきます。 お家で処分いただいて結構ですが、今後使わないようであれば、 後日、持ってきていただけるとうれしいです。     ◎当日の服装◎   ✽ブラジャーなし…ワイヤー入りは苦しくなる可能性があります。装飾もなしでシンプルなものに。 長時間締め付けてしまうので、取っていただいた方が、楽かと思います。   ✽キャミソール…タオルや綿花で補正させていただきますので、 あまり厚着をしなくても大丈夫だと思います。 ヒートテックを着られるのであれば、衿の後ろから出ないか確認してください。 袖が長いと、お着物から見える場合がありますので、五分~七分袖をおすすめします。   ✽下着…トイレに行く場合も考え、股下浅めのボクサー型がオススメです。 装飾もないほうが、お着物がきれいに見えやすいです。   ✽レギンス…トイレに行く場合も考え、股下浅めで、お着物がめくれても見えないように、 膝下くらいまでの長さがいいかと思います。   ※足袋はお家で履いてきてください。(こはぜも留めてきてください。) ● こはぜの留めかた ①こはぜは、下から順番に留めていきます。 ②こはぜの掛け糸の上から下へくぐらせるように、奥までしっかり入れます。 ③掛け糸は2本ありますが、基本的には外側を使い、留めにくい場合は内側を使います。   ※キャミソールの上は、脱ぐときに、ヘアセットが崩れないように、前あきでお願いします。 ※レギンスの上は、足袋が脱げる場合がありますので、ゆったりしたものでお願いします。   ※ご来店の際は、肌襦袢を着ていただくことをおすすめします。 お着物類を事前にお預かりするとき、ご確認させていただきます。     ~お着物姿を素敵なまま維持するための注意点~   ● 動作が大きすぎると… 衿が開いてきたり、すそが広がってきたりして、着崩れる場合があります。 歩くときは、歩幅を小さく、腕も肩より上にあげず、上半身をひねらないよう気をつけましょう。   ● トイレの仕方について ~洗濯ばさみを使うやり方(4個)~ ①洗濯ばさみをとりだしやすい様、胸元などにとめておく。 ②袖を折り、重なった部分を洗濯ばさみでとめる。(左右同じ) ③めくる順番…着物の上側のすそ→下側のすそ→長襦袢の上側のすそ→下側のすそ ④体の前で、めくったすそをすべて一緒に洗濯ばさみ2個でとめる。 ⑤終わったら、めくり上げたのと逆の順番で元に戻す。 ※トイレを出る前に、すそ、帯、おはしょりなどが、きちんと元通りになっているか、 確認して下さい。   ● 座り方 ①右手で上前を5センチほど引き上げる。 ・後ろのすそが地面につかないように、上前を少し引き上げてから座ってください。 ②椅子の左から座るようにする。 ・座った後は、少し膝の裏に生地を入れ込んで下さい。 ※大事なポイントは、『浅めに座ること』です。 背中の帯結びがつぶれてしまわないように、椅子にもたれず、浅く座ってください。 深く座ってしまうと、着物が腰のあたりから下がってきて、着崩れを起こす可能性があります。 ※座った後は、背筋を伸ばし、手は膝の上に重ね、足は閉じて揃えてください。     気になること、確認したいことございましたら、お店の公式LINEを登録していただき ご連絡ください^^ こちらのQRコードを読み取っていただき、トーク場面からお名前を送信していただくと、 お店側に通知が届きます。その後やりとりさせていただきます。 わからないことや聞きたいことがありましたら、いつでもご連絡お待ちしております。 ステキな1日になりますよう、精一杯頑張ります!! Salon de Belle サロン ド ベル       TEL 06-6854-1677    


  • 2023.01.122023年成人式 

    こんにちは!! 今年もBelleは成人式のお着付け&ヘアセット・メイクを させていただきました^^ 1年の中でも、とても特別な日で とても華やかな店内の雰囲気。 何度目になっても緊張感とワクワク感で 満たされます。 今年も普段からお越しいただいているお客様、 お客様のお嬢様、 ご紹介で来て下さった方など 皆さんが可愛くキラキラしていました!! 可愛い^^               2024年の成人式のご予約も開始していますので、 お電話ください^^ TEL 06-6854-1677


  • 2022.10.22セットも豊中・蛍池Belleにお任せ☆

    やっぱり「食欲の秋」だと毎日実感中のシバタです^^ 私自身は特にこの秋のイベント事は無いのですが、 お客様のお話を聞いているとワクワクする事が多いです! 先日は結婚式へ行かれるお客様が 朝からファミリーで順番こにご来店いただき 何だか楽しい1日でした^^ 私はセットをさせていただきました! ありがとうございました^^  


  • 2022.10.11七五三の予約受付&準備物など載せています

    七五三の祝  健やかな発育を感謝し、氏神様に祈る儀式。 まとめ髪やお支度をお任せ頂きありがとうございます    七五三の晴れ着 肌襦袢(肌着・裾除け)長襦袢着物帯 帯板(前後)帯揚げ帯締め腰紐4本 伊達締め2本しごき伊達衿(重ね衿) 足袋鞄末広(扇子)草履箱迫 三重ゴム紐(作り帯の場合は不要) 帯枕(作り帯の場合は不要)髪飾り 七五三の袴 肌着長襦袢着物袴羽織帯 羽織紐(付いていたらそのまま) 腰紐3本扇子(刀袋)(お守り)足袋 3歳のお祝い着(被布) 肌着長襦袢着物被布兵児帯 腰紐2本半襟鞄草履足袋髪飾り お母様 肌襦袢長襦袢着物帯帯板(前後) 帯揚げ帯締め腰紐6本伊達締め2本 三重ゴム紐衿芯伊達衿(重ね衿)帯枕 草履足袋 お父様 肌着長襦袢着物帯羽織羽織紐 腰紐2本あれば男〆草履足袋   こちらが基本的な準備物となります。 補正時の綿花、さらし、タオル等は 料金に含まれています。   当日、ご来店時の服装のお願い ※肌着・レギンス等は気温を考慮して判断をお願いします。 ※足袋は当日スムーズに出来るようお家で履いてきたください。 ※服装自体は上はチャックやボタンなどの前空き、 下も脱ぎやすいもの、靴も脱ぎやすいものが良いかと思います。 髪飾りはレンタルも可能ですので、ご相談ください。 分からない事や不安な事はお聞きください。   公式LINEからのご予約・ご相談も可能です⬇️


  • 2022.10.06Belle公式LINE登録のススメ^^

    10月になって秋の気配も感じ、 空気の変化が気持ち良いですね! 秋と言えば七五三シーズンなので 今期もBelleは予約が沢山入り、 とても嬉しく思います^^ 着付けやヘアセットも承っております! Belleの日本髪はとても評判が良いので 「うちの娘に可愛い日本髪を!」と お考えの方は是非是非ご連絡ください^^   LINE登録してメッセージを頂くと 気になる事やご相談にも応じますので 気軽にどうぞ!! 勿論、七五三以外でもお待ちしています^^


  • 2022.09.17クセの悩みを軽減リセッター

    秋は夏のダメージが出る季節。 湿度が高いジメジメ期よりはマシな気もしますが、 悩みは消えませんよね・・・。 生え癖だから・髪質だから しかたない。 と諦めていた悩みに効果的なリセッターのご紹介。 リセッターって聞いたことありますか? クセや広がり、割れ、ボリュームなど 髪のあらゆる悩みの原因が実は 毛髪交差 毛髪交差とは根元の髪の絡まりの事。 髪の毛は約10万本生えていると言われ 1つの毛穴から2~5本生えていますが、 全てが真っ直ぐに生えていません。 色んな方向に向かっているため交差し、 絡み合っています。それが毛髪交差です。 この毛髪交差は全ての人に見られる現象で 今まで 髪質のせい と思っていた 様々な悩みを助長していたり、 原因そのものだったりします。 その悩みの原因【毛髪交差】を解く技術がリセッター 薬剤・熱を使わず、髪の長さを変える事なく 特殊なハサミ1本で絡まりを解き、 整え直すことが出来るので 根本的な原因にしっかりとアプローチ!! ブローが楽になる。ツヤが出た。髪の広がりが抑えられた! と、様々な変化を感じられると思います。 効果は1,5ヶ月程、継続していただくと 扱いやすさも持続します。 興味のある方はご相談ください!


  • 2022.09.09秋はまだまだカラーも遊び心!!

    9月に入ってからは やっぱり夏は終わったんだな~と感じる時がありますね! 理想的にスタイルを楽しみたい!と思うと 「ダメージがかからないようにする・ケアする」 事が大切だと思います。 BELLEのお客様には 髪とのお付き合いが上手だな~と 思わせてくれるお客様が多いです^^   なので、髪を大切にする事は勿論ですが なりたいカラーの為にはブリーチもアリだと思います! 可愛いですよね! トップの方は地毛のお色味のまま。 内側をブリーチしました。 毎回トリートメントをされたり、 ホームケアでブリーチ毛対策を されていたりするので、 髪の状態も良いのです^^   秋に何か変えたい!試したい!と思った方は BELLEでチャレンジしてください!  


  • 2022.06.096月は縮毛矯正のしどきですね(豊中・蛍池)

    こんにちは^^ 髪に癖をお持ちの方は、ヘアスタイルどうしていこうか?! 考え出す・・・ いえっ1年で1番考える梅雨がやってきますね! 湿度の影響でクセが出やすく、 まとまりがつきづらくなるのが6月。 今綺麗に整えておくと7・8月は安心して過ごせるかな? と思います。 ダメージを気にされる方も多いですが 髪質改善サロンは「髪の健康状態」も大切にしているので 不安な事はご相談ください。 まだ6月7月もご予約可能です! 06-6854-1677 お待ちしております!


«前ページ | 次ページ»
超修復トリートメント カラーへのこだわり
日本髪メニューについて
日本髪結髪サービス
強髪プログラム
輝髪ザクロペインター
更なる技術の向上を目指して
ホームケアの豆知識
ご予約はこちらから
私たちと一緒に働きませんか?
担当者の指名制について
Salon de Belle BLOG
知名塾 美容師向け講習
page top